特定看護師が病院全体とスタッフに与えるプラスな影響

keyvisual

業務上におけるメリット

業務の円滑化

特定看護師の制度には、院内業務をスムーズにするメリットがあります!
まずは、患者さんの待ち時間の改善に繋がるメリット。看護師が医療行為を行えることで、医師のフリーな時間が増えるため、より多くの患者さんを診ることができます。従来のスタッフ数で多くの患者さんを診ることができれば、医療スタッフにかかる人材コストの削減にも繋がります!
次は、医師が働きやすくなったことによる業務効率の改善!特定の医療行為のスキルを身につけた看護師が医療を提供できることで、医師の管理する範囲が狭まります。それにより医師の業務量に余裕がでれば、一つ一つの治療にしっかり集中できるため効率アップが望めます。特定看護師は、病院側にも患者さんにもうれしい制度ですね。

医師と看護師が働きやすい環境に!

看護師に医療行為が許されることで、スタッフ全体が働きやすくなります。
特定看護師は、医師の指示に従って自分の判断で特定の医療行為を施せるため、「こっちの方法がいい」などといった医師と看護師の意見の相違が発生することがありません。自分が最善だと思った治療を自分ひとりで行えるので、スムーズに業務を進めることが可能です。また、医師の業務も少なくなるので治療工程をショートカットできます。医師の業務量を減らせる上に患者さんの病気も早く治せて、まさに一石二鳥ですね!
また特定看護師は、医師・看護師両方の立場を経験できるので医師の気持ちを理解しやすくなるという利点も。医師と看護師の意見が分かれた時の橋渡し役に徹することもできます。

患者さんとより深い信頼関係を築ける

患者さんが感じる悩みや不安に対し、医師・看護師の視点から相談に乗ることができる特定看護師は、看護師の中でも特に心強い存在として多くの人から信頼を得られます。医師の説明が不十分であった場合でもしっかり話を聞いてあげられるので、より一層患者さんに寄り添った手厚いサポートを行うことができます。
看護師の中でも特にレベルが高い資格を保有しているというだけでも、患者さんが感じる安心感は全然ちがいます!患者さんを心身共に支えることができる知識と看護スキルを身につけて、頼られる看護師として活躍してみませんか?患者さんに深く関われる充実した毎日を送れますよ!

おすすめ記事ピックアップ

.
  • これからの時代に求められる看護師

    これからの医療業界で求められるのはどんな看護師でしょう?
    日本社会の動きを元に、需要が高まることが見込まれる看護師をまとめました。社会が欲しがるスキルを身につけておけば、転職を考えた時に安心ですよ!
  • 専門看護師と認定看護師、特定看護師ってなにがちがうの?

    制度の内容で混合されがちな専門看護師・認定看護師。双方の取得方法・特徴に加え、検討中である特定看護師の内容にも触れています。資格を理解して、自身が目指す将来ビジョンをハッキリさせましょう。

pagetopページTOPへ

運営社情報

logo