特定看護師の出現で多くの女性が活躍できる医療現場に!

keyvisual

「女性が行う医療」の普及

医療行為を行っている女性の割合

日本で医療を行っている女性の割合は、全体のおよそ2~3割ほどです。年々増加傾向にありますが、数的にはまだまだであるといえます。特定看護師が導入されれば、医療行為に携わる女性の数がグンと増えることが予想されます。一生涯続けられる医療のお仕事で活躍の場が広がることは、女性の社会進出を助けることにも繋がりますね!
人の生命を助ける医療現場でたくさんの女性が活躍することは、新しい医療の形の到来であると言っても過言ではないでしょう。

女性が活躍しやすい医療業界に!

医師の指示の下、自分の判断で医療行為を施せる「特定看護師」。男社会だった医療現場の中に多くの女性が介入することで、不規則で働きにくかった医師の勤務体制が見直されることが見込まれます。結婚・出産・子育て等のライフワークの変化に対応できる新しい体制が作られることで、医療の世界で女性がより働きやすくなることが期待されます。また、男性が家庭を優先しながら医療現場で活躍できるよりよい職場環境が実現する可能性も出てきます。
「特定看護師」の存在は男女共にワークライフバランスを大切にできる体制を作り、医療業界全体に良い影響を与えることになるでしょう。

より高いキャリアアップを目指せる

「認定看護師」「専門看護師」といった従来の資格よりワンランクアップした「特定看護師」は、「自分の手で人の生命を救いたい」という看護師さんの思いにしっかり応えてくれる制度です。
「さらなるスキルアップを目指したい」という向上心が、今後の看護生活を支えるモチベーションに繋がりますね!さらに転職時に有利になるという点もうれしいポイントです。医療技術の高度化が著しい中で、幅広い領域の医療サポートに対応できる看護師が求められています。医師と患者さんを支える大事なポジションで、あなたの持てる力を最大限に活かしてみませんか?
医師の管理下に置かれるのではなく、自分の意思で医療行為をサポートできる特定看護師は、これからの医療の発展を支えるために欠かせない存在となるでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • これからの時代に求められる看護師

    これからの医療業界で求められるのはどんな看護師でしょう?
    日本社会の動きを元に、需要が高まることが見込まれる看護師をまとめました。社会が欲しがるスキルを身につけておけば、転職を考えた時に安心ですよ!
  • 専門看護師と認定看護師、特定看護師ってなにがちがうの?

    制度の内容で混合されがちな専門看護師・認定看護師。双方の取得方法・特徴に加え、検討中である特定看護師の内容にも触れています。資格を理解して、自身が目指す将来ビジョンをハッキリさせましょう。

pagetopページTOPへ

運営社情報

logo