特定看護師ができた理由と制度導入に対する今の現状

keyvisual
what

特定看護師のできた背景と現状

日本医療の未来を救うために、厚生労働省は医療行為に関わることができる看護師「特定看護師」の検討を始めました。
制度ができた背景と現状を知れば、今起きている社会全体の問題・求められていることが見えてきます。これから特定看護師になりたいと考えている方、または興味がある方に向けて「制度が必要とされている理由・現状」「制度導入後に気をつけるべきこと」をお伝えします。

特定看護師導入の経緯

導入にあたって重視されること

特定看護師の制度が正式に認められた場合に、重要視される気をつけるべき点とは一体なんでしょうか?
まず考えられるのは「安全性」。医師としてのキャリアを積んでいない看護師が医療行為を行う際には、万全の安全管理体制をとる必要があります。医師以外の人間が治療に携わるのは初めての試みなので、細心の注意を払うことが求められます。
さらに人々からの信頼を得ることも大切です。医療体制が大幅に変わる制度に対して患者さんが不安を抱くのは無理もありません。みんなが安心できる医療サービスを提供するために、きちんと制度を知ってもらうことが大事なカギです。
多くの人に特定看護師を信頼し、認めてもらうための大切なポイントを紹介します!

特定看護師導入に対する今の現状

特定看護師が、これからの医療全体を支える制度として期待されている一方で、「医療の安全性」に対する不安の声も上がっています。
医療制度の変更はすべての生命に関わる大きな問題なので、導入の合意に対して周囲の姿勢はなかなか慎重です。厚生労働省と日本医師会は幾度となく会議を重ねていますが、双方の見解はしっかり分かれており、未だに意見がまとまっていません。また、もし導入が決定したとしても法律の改正や教育環境の整備などクリアするべき課題は山積みです。
この章では、こういった特定看護師導入に立ちはだかる壁・今の現状について詳しく触れています。

特定看護師が作られた背景

医師の指示の下で医療行為を施すことが認められている特定看護師。
この制度が作られた背景には、国の政策方針・医師の膨大な業務量・医療スタッフの人員不足などさまざまな問題があります。これからの医療業界を支えるために創設された特定看護師には、たくさんの問題を解決する大きな可能性が眠っています。多くの期待が寄せられる特定看護師になって、あなたの持てる力を最大限に活かしてみませんか?
特定看護師に興味を持ったなら、まず特定看護師の役割・できた理由を詳しく知ることが大切。
国が抱える問題・医療現場の実態をしっかり把握して、特定看護師についてもっとよく知りましょう!

おすすめ記事ピックアップ

.
  • これからの時代に求められる看護師

    これからの医療業界で求められるのはどんな看護師でしょう?
    日本社会の動きを元に、需要が高まることが見込まれる看護師をまとめました。社会が欲しがるスキルを身につけておけば、転職を考えた時に安心ですよ!
  • 専門看護師と認定看護師、特定看護師ってなにがちがうの?

    制度の内容で混合されがちな専門看護師・認定看護師。双方の取得方法・特徴に加え、検討中である特定看護師の内容にも触れています。資格を理解して、自身が目指す将来ビジョンをハッキリさせましょう。

pagetopページTOPへ

運営社情報

logo