制度導入後に気をつけたい大切なこと

keyvisual

導入にあたって重視されること

安全管理体制の徹底

特定看護師が導入されるにあたって一番重視されるのは、やはり「安全性」です。
特定看護師になるためには十分な知識とキャリアが求められるため、完全に安心できるかといえばそうでもありません。実際に医者としてのキャリアを積んでいない人に医療行為を施されることに不安を感じている人はたくさんいます。
人々の不安を解消するためには、安全管理体制の徹底が大事!特定看護師になったばかりの看護師が関われる診療範囲の広げ方を工夫したり、医師による教育実習の充実化を図ったりなど徐々に診療のキャリアを積ませていく慎重な体制が大事なポイントだといえるでしょう。
そして病院側の受け入れ体制も大切です。特定看護師の資格は求人を探す際に有利になることが考えられますが、いざ転職していきなり診療に携わるわけにはいきません。患者さんに安全な医療を提供するために、中途採用者に医師の診療方針をきちんと教育することが求められます。

患者さんからの信頼を得ること

特定看護師の創設に対して「どうせ診てもらうなら看護師よりも診療に特化した医師に診てほしい」という声が多く上がっています。
一体どうやったら患者さんの信頼を得られるのでしょうか?
第一に考えられるのは、人々に特定看護師の制度の内容をしっかり知ってもらうことです。そして診療の安全対策として、どのような研修・教育を行っているかを伝えることも大切です。教育実績や修得した技術を知ってもらうだけでも、患者さんの不安を少し取り除くことができます。直接生命に関わる大きな問題なので、できるかぎり患者さんに情報公開を行いましょう。
制度導入が認められた場合、実際に業務をやらないと見えなかった問題がたくさん出てきます。1つ1つの課題にしっかり向き合い、結果的にプラスの方向に物事が進むよう改善を積み重ねることが、人々の信頼に繋がります。

医師と看護師の関係性

特定看護師の導入に対し、「看護師の医療ミスでトラブルが起きた場合、誰が責任を取るのか」といった医師と看護師の関係性が問われています。両者の立場関係をきちんと決めておくことが、制度導入前に解消すべき課題であるといえます。
また、「看護師が自立することでスタッフ間の関係が複雑になるのではないか」「医師の管理下の方がチームワークを取りやすいのではないか」という声も。チームワークを保つためには、お互いを尊重したコミュニケーションが大切。特定看護師制度導入には、医師と看護師の息の合った連携が重要です。

おすすめ記事ピックアップ

.
  • これからの時代に求められる看護師

    これからの医療業界で求められるのはどんな看護師でしょう?
    日本社会の動きを元に、需要が高まることが見込まれる看護師をまとめました。社会が欲しがるスキルを身につけておけば、転職を考えた時に安心ですよ!
  • 専門看護師と認定看護師、特定看護師ってなにがちがうの?

    制度の内容で混合されがちな専門看護師・認定看護師。双方の取得方法・特徴に加え、検討中である特定看護師の内容にも触れています。資格を理解して、自身が目指す将来ビジョンをハッキリさせましょう。

pagetopページTOPへ

運営社情報

logo